美しさUP

私が興味を持った美容・健康についてのお話です☆

ハイドロキノンに副作用はある?本当に効果もあるの?

f:id:lWAX:20170722185348j:plain

ハイドロキノンは副作用さえなければ、

シミ消し効果が高いと聞いたことがあるので

使ってみたいのに・・(>_<)

そういう人の気持ち、よくわかります。

シミの消しゴムなんて呼ばれるほど、

効果が高い成分として、

皮膚科で処方されることもあるハイドロキノン

それだけに副作用についても

気になるものです(゜゜)

 

そこで、ハイドロキノンには、

どのような副作用があるのか、

気になる情報を集めてみました(^^)/

 

 

 

1、ハイドロキノンとは

f:id:lWAX:20170722184015j:plain

ハイドロキノンは、アメリカや欧州では、

普通に使われている美白クリームです。

 

その効果は、シミ消しが主なものです。

 

ハイドロキノンは、

そもそもはイチゴや麦芽などに含まれる

天然成分として発見されたものです。

 

シミ消しに効果があるとわかるまでは、

写真フィルムを現像する時や、

ゴム製品を製造する時に、

防腐剤として使われてきたものです。

 

偶然にも、シミ消し効果があることがわかり、

皮膚に使う成分として、

開発されるようになったのです!(^^)!

 

 

2、ハイドロキノンの効果とは

f:id:lWAX:20170722184033j:plain

ハイドロキノンは、

他の美白成分と違い、

メラニンを還元する作用があります。

 

還元作用というのは、

濃くなったメラニンの色を

元に戻すという作用のこと(^^♪

 

この効果こそ、美白化粧品に求めるものです。

 

一般的な市販の美白化粧品の効果は、

シミのモトにまるメラニンが、

生まれないようにブロックするものが主流です。

 

生まれてしまったメラニンの成長を抑えたり、

メラニンが早く角質から排出させるように

促したりするのが美白作用の主流なのです(゜o゜)

 

ということは、もうシミになってしまったら、

いくら美白化粧品を使っても、

どうにもならないというわけですね(>_<)

 

何年も美白化粧品を使っているのに、

シミが全く消えないから、

諦めてレーザー治療するしかないとか、

多くの女性たちを悩ませてきました。

 

でも、ハイドロキノンという成分なら、

シミになったメラニンも薄くできるのです(^^)/

 

「そんなスグレモノがあるのに、

どうしてもっと気軽に使えないの?」と思いますが、

それはハイドロキノンの副作用が問題なのです。

 

 

3、ハイドロキノンの副作用とは

f:id:lWAX:20170722184049j:plain

ハイドロキノンの美白作用は、

メラニンが生まれるもとになる、

チロシナーゼという酵素の働きを

ブロックするのが一つ。

 

この作用はほかの美白成分にもありますが、

ハイドロキノンの持つ最大の美白作用が、

メラニンを作る色素細胞メラノサイトに働きかけて、

メラニンそのものを減少させる効果です(^^♪

 

この働きによって、

紫外線や加齢で酸化して黒くなったメラニンが

シミになった後からでも、薄くして消す効果が

期待できるわけです。

 

ハイドロキノンによってメラニンが減少すると、

それは美白に励む人には嬉しいことですが、

ハイドロキノンの濃度が高いものは、

かなり副作用のリスクがあります。

 

そのため、化粧品に使用できる濃度は

1%~3%程度と低い濃度となっています。

 

海外製のハイドロキノンクリームは、

もっと濃度の濃いものがありますが、

濃度の高いハイドロキノンクリームは、

皮膚科の医師と相談して使用しないと、

副作用の危険が高くなります。

 

▶ハイドロキノンの副作用の症状

f:id:lWAX:20170722184205j:plain

ハイドロキノンの副作用として多いのが、

表皮がむけてしまう「皮むけ」です。

 

とても肌が敏感な人は、

濃度の低いものでも、

ヒリヒリして赤くなるといった

炎症性の副作用が出る場合もあります。

 

深刻な副作用として心配なのが、

白斑の症状です(>_<)

 

ハイドロキノンがメラニンを減少させることで、

部分的に色素が抜けてしまうことがあります(;_:)

 

濃度が高くなればなるほど、

副作用が出る危険度が高くなるので、

ハイドロキノンを初めて使う時には、

低濃度のものから試すようにしましょう(^^)/

 

4、ハイドロキノンを使用する時の注意点

f:id:lWAX:20170722184150j:plain

ハイドロキノンには、

メラニンを減少させる働きがあるので、

紫外線などを浴びてしまうと、

皮膚細胞を守るためのメラニンが作られずに、

ダメージをそのまま受けてしまう危険があります。

 

安全に使用するためには、

ハイドロキノンを使う間は、

紫外線ブロックを徹底することです!(^^)!

 

日焼け止めを忘れないようにしましょう。

 

そして、長期間使用しないことです。

 

ハイドロキノンでも

消えないシミもあるので、

一定の期間使ってみて効果がなければ、

続けて使わないことです(^^)/

 

はじめて使用する時には、

シミの部分だけにスポット使いをして、

副作用のリスクが広い範囲に及ばないように、

慎重に使ってみましょう。

 

 

◎まとめ

ハイドロキノンの副作用について

色々言われているのは確かですが、

海外ではとてもポピュラーな美白成分です。

 

大げさに心配する必要はありませんが、

100%安全とは言えないということは、

忘れないようにしたいですね(^^♪

 

 

 

下にあります

「B!ブックマーク 」

を押して頂けると嬉しいです(^^)/