美しさUP

私が興味を持った美容・健康についてのお話です☆

メトホルミンは寿命が延びる?メトホルミンの効果と危険性について

f:id:lWAX:20170719225205j:plain

メトホルミンという医薬成分が寿命に作用する効果が

話題になっています。

この医薬成分を聞いて、

ピンとくる方もいるのかも知れませんが、

全く初耳だという人の方が大多数でしょう。

じつはこの医薬成分は、

糖尿病の治療薬としては一般的なもので、

この成分を使用した治療薬の種類は、

とても数多く開発されているんです。(^^)/

 

 

 

1、メトホルミンとはどんな成分?

f:id:lWAX:20170719220015j:plain

1950年代から糖尿病の治療薬に

使用されてきたので、

もう70年近い実績のある医薬成分です。

 

メトホルミンは、

とても低価格で製造できる成分なので、

長い治療が必要になる糖尿病患者にとっては、

経済的な負担が軽くなるので、

選択されることが一般的なんですね!(^^)!

 

日本国内でもポピュラーな糖尿病治療薬に

使用されている医薬成分です。

 

2、メトホルミンの作用とは

 

糖尿病は、血糖値を安定させるように

食事をコントロールするように指示されます。

 

食事との関係が深い生活習慣病なのですが、

カンタンなことではありません(>_<)

 

メトホルミンの作用は、

インスリンの分泌を抑えて、

血糖値の上昇を防ぎます。

 

腸内で糖が吸収されるのを

防ぐ働きもするので、

糖尿病の作用するわけです!(^^)!

 

 

3、メトホルミンが寿命に影響するという研究

f:id:lWAX:20170719220051j:plain

メトホルミンに関して、

寿命に何らかの影響が出るという説があるのは、

実際のその効果を研究した結果があるからです。

 

その研究は、メトホルミンを服用することで、

加齢を抑制する効果があるかどうか・・です。

 

研究の対象になったのは、

70~80歳の高齢者です。

 

5年以上の調査をして、

メトホルミンを服用するグループと、

服用しないグループで調査した結果で

調べるというもの。

 

寿命だけではなく、

心臓疾患やがん、そして認知症に対しても

調査しています。

 

4、メトホルミンによる寿命を延ばす効果

f:id:lWAX:20170719220115j:plain

研究の結果としては、

健康寿命を伸ばすことに、

少なからず影響し、効果が期待できるという

興味深い報告がされています(^^♪

 

健康寿命というのは、

超高齢化社会まっしぐらの日本では、

これからどんどん意識されないといけない言葉です(^^)/

 

ただ、長生きするだけではなく、

健康に生活しながら長生きするのが健康寿命です。

 

メトホルミンを服用している糖尿病患者の

死亡率が低下したという結果もあります。

 

糖尿病を発症すると、

様々な合併症を起こす危険がありますが、

がんの発症率が高くなることもわかっています。

 

インスリンががん細胞を促進するので、

がんの進行も早いと言われているのです(>_<)

 

メトホルミンは、

インスリンの分泌を抑えるので、

がんのリスクを下げる効果も期待できるのです。

 

他にも、高血圧症の人に多く起こる

動脈硬化を抑える作用も研究されています。

 

 

5、アンチエイジングの救世主になるのか

日本国内には、糖尿病予備軍が溢れていて、

その年齢も年々低下していると言われています(゜゜)

 

血糖値の上昇を抑えることは、

肥満の予防になるだけじゃなく、

糖尿病の予防にも大切なことなので、

本来は食生活でコントロールすることがイチバンです。

 

でも、もしもメトホルミンに

寿命を伸ばす効果があるのだとしたら、

糖尿病のためだけじゃなく、

アンチエイジングの効果のために、

服用してみたいですよね!(^^)!

 

若さを保つための効果があるなら、

女性はとくに興味津々でしょう(^^)/

 

でも、残念ながら糖尿病の治療以外に、

使用されることはないので、

サプリメントのように試せるものではありません(>_<)

 

6、メトホルミンの副作用

f:id:lWAX:20170719220320j:plain

メトホルミンが寿命を伸ばす効果のある薬として

注目されているので、今後は抗老化のために

使用されるようになる可能性もあります!(^^)!

 

そうなったら嬉しいと思う反面、

カンタンな話ではないのが、

薬による副作用の危険です(゜o゜)

 

医薬品には、どんなに長い実績があっても

副作用のリスクはあります。

 

メトホルミンにも稀な副作用として、

低血糖、肝機能障害、横紋筋融解症など、

重い副作用を起こす危険もあるため、

糖尿病患者の中でも、処方されないケースもあるのです。

 

◎まとめ

 

メトホルミンは、ジェネリック医薬品にも

使用される成分なので、

もしも老化を防いで、健康寿命を伸ばすために

使用が許可されるようになっても、

安く手に入れられるものになるでしょう。

 

それがいつになるのかわかりませんが、

高齢化社会がどんどん進むのは間違いないので、

そんな日が来るのも遠くないのかも知れませんね(#^^#)