美しさUP

私が興味を持った美容・健康についてのお話です☆

皮膚常在菌の種類を知る!皮膚常在菌の役割とは?

f:id:lWAX:20170714013331p:plain

皮膚常在菌の種類の中には、

肌に良い働きをするものがあるのですが、

何となく「」というイメージが悪いので、

皮膚常在菌はワルモノ扱いされがちです。

実際には、皮膚常在菌の種類の中には、

100%のワルモノはほとんどいません。

美肌に導き、健やかな肌になるためには、

皮膚常在菌を育てることが大切なのです。

それぞれの役割について解説します!(^^)/

 

 

 

1、皮膚常在菌とはどんな菌のこと?

f:id:lWAX:20170713220548j:plain

私たちの体には、いたるところに

細菌が生息しています(>_<)

 

腸の中や口の中の細菌には、

悪玉菌もいるし、善玉菌もいることは、

きっと皆さんご存知だと思います。

 

外部から侵入してくる有害な菌を、

体内に棲んでいる細菌が攻撃するので、

病気にかからないで済んでいることもあるのです!(^^)!

 

体内だけじゃなく、

皮膚にも細菌が生息していて、

いつも皮膚に棲んでいるのが皮膚常在菌です。

 

 

2、皮膚常在菌の種類

f:id:lWAX:20170713220559j:plain

皮膚に棲んでいる細菌は、

もちろん目で見ることはできないのですが、

およそですが、1兆個以上生息しているのですよ(^^)/

 

皮膚常在菌には、

種類が沢山あるのですが、

代表的な種類は4種類です(^^♪

 

一つ一つの皮膚常在菌が、

どんな働きをするのかご紹介します。

 

▶アクネ菌

 多分、皮膚常在菌の中でも、

一般的に一番知られているのでは?

 

ニキビの原因(>_<)になると言われるのが、

このアクネ菌です。

 

アクネ菌は、外部から付着して、

ニキビを作るわけではなく、

もともと皮膚に棲んでいるものです(゜o゜) 

 

本来は悪い働きをする菌じゃないのですが、

皮脂が多くなりすぎたり、

間違った肌の手入れでほかの皮膚常在菌のバランスが

悪くなると、過剰に繁殖してしまうことがあります。

 

いつもは、アクネ菌が皮膚のコンディションを

整えるので、不要な菌ではありません。

 

 

▶表皮ブドウ球菌

 皮膚常在菌の種類の中でも、善玉菌として

重要な役割を担うのが表皮ブドウ球菌です(*^^*)

 

この菌は、皮脂を脂肪酸とグリセリンに

分解してくれます。

 

この分解する機能が働くと、

理想的な皮膚のPh値になり、

弱酸性を保てるようになります!(^^)!

 

アクネ菌と表皮ブドウ球菌がタッグを組むと、

皮膚のバリア機能が強くなるのです。

 

 

▶黄色ブドウ球菌

 黄色ブドウ球菌という菌の名前は、

食中毒の原因になる細菌としての方が

知られているかも知れません(゜゜)

 

黄色ブドウ球菌は、

ケガをしたり、ニキビの炎症などで、

化膿する原因になる細菌です。

 

皮膚だけじゃなく、口の中や

鼻の中など粘膜にも存在しています。

 

 

▶マラセチア真菌

f:id:lWAX:20170713220626j:plain

皮膚常在菌の中では、

それほど重要な役割はないですが、

酵母菌の一種なので、増えすぎると影響があります。

 

顔のニキビはアクネ菌が増えるとできやすくなりますが、

背中やデコルテのニキビは、

マラセチア真菌の繁殖が原因になります(>_<)

 

3、皮膚常在菌はバランスを保つことが理想

 

皮膚常在菌の中で、主な4つの種類は、

それぞれのバランスが重要です。

 

悪いことしかしないような常在菌でも、

じつは善玉菌を守るために必要だったりします。

 

例えば、思春期になると、

成長ホルモンの分泌が急に激しくなります。

 

その影響で、皮脂分泌が過剰になると、

皮膚常在菌のバランスが急に崩れます。

 

皮脂を栄養にするアクネ菌が増えてしまうのです(>_<)

 

「悪玉だから要らない!」のではなく、

善玉も増えすぎると悪玉になってしまうので、

そのバランスが大切なのですね!(^^)!

 

 

4、皮膚常在菌がなくなる原因

f:id:lWAX:20170713220655j:plain

肌を守ってくれる大切な役割をするのが

皮膚常在菌だとしたら、

その細菌たちを上手く育てて、

元気に活躍してもらいたいですよね(^^♪

 

ところが、肌のために良かれと思ってしている

毎日のスキンケアが、皮膚常在菌たちを

攻撃しているかも知れないのです。

 

・一日何度も洗顔する

・洗浄力の強いクレンジングを使っている

・マッサージを頻繁にしている

・殺菌成分でスキンケアしている

・肌に栄養を与えすぎている

 

このようなことに心当たりはありませんか?

無意識のうちに皮膚常在菌を攻撃して、

どんどん肌の健康が失われているとしたら、

これからは「やり過ぎ」には注意しましょう(^^)/

 

 

 

◎まとめ

皮膚常在菌は、天然の肌のバリアです(#^^#)

これを守るには「洗い過ぎ」「塗り過ぎ」「擦り過ぎ」に

注意するようにしてください。

 

とくに洗顔し過ぎで、

皮膚の細菌バランスが乱れることが多いので、

洗顔はやさしく、肌を傷めないようにしたいですね。